屋根修理・雨漏り修理の住まいるドクター関西全域(京都・奈良・大阪・兵庫・和歌山・滋賀対応)

COLUMN お役立ちコラム集

軽量な屋根を実現するガルバリウム鋼板!今さら聞けない素材的メリット・デメリットをご紹介!

今回は、屋根リフォーム業界で、現在人気ナンバーワンの屋根材と言われている『ガルバリウム鋼板』についてご紹介していきたいと思います。この記事を読んでいただいている方の中にも、金属屋根への葺き替え工事を検討中の方が多いかもしれませんね。日本国内では、古くから屋根材として瓦が利用されてきたのですが、この屋根材は耐久力は高いものの、非常に重量があるという明確な弱点を持っています。近年では、全国各地で頻発する地震の事を考えて、『できるだけ屋根を軽量化できる屋根材にしたい!』という希望が多く、軽量な屋根を実現できる金属屋根素材の需要が高まっているのです。

「地震と屋根重量に関係があるの?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、実は、建物の屋根の重量は、重くなればなるほど重心が高くなってしまい、地震の揺れで大きく建物が揺れてしまう原因となるのです。当然、建物の揺れが大きくなれば、屋根材の落下や住宅の倒壊リスクが高くなってしまいます。したがって、近年の屋根リフォームでは、「屋根を軽量化して建物の耐震性を高める」という考えが主流になっており、軽量な金属屋根素材が人気になっているのです。
金属屋根と言えば、日本国内でも古くから利用されている『トタン屋根』をイメージする人も多いのですが、トタンは軽量ですがサビなどには非常に弱いという弱点を持っています。しかし、ガルバリウム鋼板に関しては、金属なのにサビに強いという特徴があるため、屋根材に非常に適していると言われ、屋根業界で注目されているのです。しかし、実際にガルバリウム鋼板製の屋根材を導入する場合には、メリットだけを考えるのではなく、デメリット面についてもおさえておかなければいけません。世間では「軽量・耐久性が高い・サビにくい」などのメリットばかりが認知され、ガルバリウム鋼板のデメリットは無視されているように思えます。確かに、屋根材として考えた場合、ガルバリウム鋼板が、非常に優秀なのは間違いありませんが、いくつか注意しておかなければならないこともあるのです。そこで今回は、ガルバリウム鋼板のメリットだけでなく、導入する場合にはぜひ知っておきたいデメリット面もご紹介します。

ガルバリウム鋼板の基礎知識とメリットについて


それではまず、ガルバリウム鋼板の基礎知識と、屋根材として考えた場合のメリットからご紹介しておきましょう。近年、住宅リフォームを検討した場合には、必ずといって良いほど『ガルバリウム鋼板』という名称を耳にすることとなると思います。外壁や屋根などに採用されることが多い金属板なのですが、「ガルバリウム鋼板」という名称は、あくまでも日鉄住金鋼板株式会社の製品名で金属の名称ではありません。
このガルバリウム鋼板は、『アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%』のアルミ亜鉛合金をメッキした鋼板で、これを成型して屋根材や外壁材を作っているのです。ガルバリウム鋼板を採用した屋根材の特徴は、アルミニウムが持つ『耐食性、加工性、耐熱性、熱反射性』と、亜鉛の『犠牲防食機能』を併せ持つということです。そのため、古くから利用されているトタンなどと比較すると、圧倒的にサビなどに強い耐久力に優れた製品が実現するのです。ちなみ最近では、前述の配合に2%のマグネシウムを添加した『SGL(エスジーエル)』と呼ばれる鋼板も登場しています。SGLはスーパーガルバリウムなどとも呼ばれ、従来のガルバリウム鋼板より、さらに防錆性や耐久性が高くなっています。

ガルバリウム鋼板のメリットは?

それでは、一般的に言われているガルバリウム鋼板製屋根材のメリットをご紹介しておきましょう。

  • ● 金属なのにサビに強い
    ガルバリウム鋼板の大きなメリットは、金属なのにサビに強いということです。建材として考えた場合、サビは建物にさまざまな悪影響を与えることとなります。例えば、屋根などでサビがひろがると、住宅の美観を壊してしまいますし、穴が開いて雨漏りの原因になる場合もあります。ガルバリウム鋼板は、従来の金属素材と比較して、圧倒的にサビにくいというメリットを持っています。
  • ● 非常に軽量で地震い強い
    金属と聞くと、「重いのでは…」というイメージを持つ方もいますが、ガルバリウム鋼板は非常に薄いため、全屋根材の中でも最も軽量と言えるほど軽い屋根材です。したがって、屋根材としてガルバリウム鋼板を採用すると、軽量な屋根を実現でき、耐震性の高い建物を実現することが可能です。
  • ● 耐久力が高い
    上述したように、ガルバリウム鋼板は犠牲防食機能を持っているため、酸性雨などにも強く、高い耐久力のある屋根を実現します。沿岸地域などでトタン屋根を利用した場合、5~10年程度しか持たないと言われているのですが、ガルバリウム鋼板製の屋根材であれば、20年近く持つと言われるほどの耐久力を持っています。

ガルバリウム鋼板のデメリットについて

ガルバリウム鋼板は、上記のようなメリットを持っているため、屋根材や外壁材に最適な金属素材として高い人気を誇っています。しかし、どのような建材にもあるように、ガルバリウム鋼板にもいくつかの欠点は存在しているのです。現在、金属屋根材への葺き替えを検討中の方で、ガルバリウム鋼板製の屋根材を導入しようと考えている人は、メリットばかりに注目するのではなく、デメリット面も頭に入れておいた方が良いでしょう。
あらかじめ、素材的な欠点を掴んでおくことで、導入後のメンテナンスで注意すべきことも分かりますし、設置後のトラブルを未然に防ぐことができると思います。

  • ● 表面に傷がつきやすい
    ガルバリウム鋼板は、非常に傷がつきやすい…という欠点を持っています。台風の時など、強風によって運ばれてきたものが屋根にぶつかってしまった時などには、意外と簡単に傷が入ってしまいます。傷が入ると、その部分のメッキが剥がれてしまうため、本来はサビに強い素材なのですが、その部分からサビがひろがってしまう危険があります。台風の後などには、きちんと点検を行い、傷があるようでしたら塗装を施すなどのメンテナンスが必要になる場合があります。
  • ● 断熱性、遮音性が低い
    ガルバリウム鋼板は、鋼板自体に断熱性がほとんどありません。さらに、熱伝導率が高いため、太陽熱の影響で室内温度を上げてしまう原因となります。また、非常に薄いという特性上、遮音性もほとんど期待できないというデメリットを持っています。こういった欠点を補うには、断熱塗装が施された製品にする、断熱材と一体になった素材にする、または別途断熱工事を行うなど、何らかの対策が必要になります。導入する屋根材は、断熱性や遮音性をよく確認しておきましょう。
  • ● 結露が起きやすい
    住宅材の中でも特に結露が起きやすいというのが大きなデメリットです。ガルバリウム鋼板製の屋根材は、隙間なく施工しなければ断熱性を得られないため、この施工法が原因で結露が起きやすくなってしまうのです。どのような住宅材でも、湿気が外に逃げるような工夫を行うのですが、ガルバリウム鋼板は、その機密性の高さから対策を行うにしても他の住宅材より手間がかかってしまいます。

まとめ

今回は、近年屋根リフォーム業界でシェアナンバーワンと言われているガルバリウム鋼板について、素材的な特徴やそのメリット・デメリットをご紹介してきました。ガルバリウム鋼板は、非常に軽量な素材であることや高い耐久力を持っているというメリットが、幅広い人に認知され、近年のこの人気の高さになっているのだと思います。確かに、軽量で耐震性の高い建物を実現できるという点で、屋根材として非常に好ましい素材だということは確かです。
しかし、ガルバリウム鋼板が急速に普及している一方で、この材料の持つデメリットが無視されがちなのが少し気になる部分です。建物にとって屋根は、常に紫外線や風雨にさらされるづける場所となり、建物の中でも最も過酷な環境に位置する部位ですので、本来はしっかりと導入する材料のメリット・デメリットを調べておかなければならないはずです。特に、ガルバリウム鋼板は、その耐久力の高さから「錆びないからメンテナンスフリー」などと勘違いする人も増加していると言われています。しかし、上述しているように、この素材は『サビにくい』だけで決してサビないわけではないのです。さらに、強風で飛ばされてきたものが表面にぶつかり、傷が入ってしまった場合には、簡単にサビがひろがってしまう危険もあるなど、定期的なメンテナンスを欠かすことができないということは頭に入れておいてほしいものです。
屋根のトラブルなら「住まいるドクター」のサービスをご利用ください。


最新記事

緊急な雨漏りなど
屋根修理をお考えの方はコチラ

お見積もり・お問い合わせはこちら