屋根修理・雨漏り修理の住まいるドクター関西全域(京都・奈良・大阪・兵庫・和歌山・滋賀対応)

COLUMN お役立ちコラム集

梅雨の長雨で雨漏りさせないために!本格的な梅雨の前に確認しておきたい屋根のチェックポイント

今回は、すぐそこまでやってきている梅雨に関して、梅雨の長雨で雨漏りさせないために注意しておきたいポイントをご紹介したいと思います。日本は、四季がある国として有名ですが、本格的な夏がやってくる前には、1年の中でも最も嫌がられる『梅雨』が存在します。梅雨時期は、毎日のように雨が続くのも嫌ですが、夏に向けて気温が上がってくることからジメジメして、普通に過ごしているだけでも不快感を感じてしまうことから、嫌いな季節と考えている方は多いでしょう。
しかし、梅雨時期というのは、人が不快感を感じてしまう嫌な季節というだけでなく、住宅にとっても注意が必要な時期と言えるのです。上述したように、連日雨が続く季節ですので、それまで蓄積していた劣化が表面化してしまい、住宅で突然雨漏りしてしまうことも珍しくないのです。雨漏りというものは、台風などの災害時に屋根や外壁に何らかの問題が生じて発生するものだと考えるかもしれませんが、実は経年劣化で徐々に劣化していた部分が梅雨の長雨で表面化してしまうということも珍しくないのです。
したがって、本格的な梅雨に入る前には、屋根や外壁の劣化状況を点検し、何らかの不具合があるようであれば、事前に補修しておくことがオススメです。万一放置して雨漏りを引き起こしてしまえば、本来関係のない場所にまで水が回り、修理費用が高額になってしまう可能性があります。そこで今回は、梅雨に入る前にチェックしておきたい住宅のポイントをご紹介します。

梅雨の雨漏りを防ぐためには?

梅雨の長雨による雨漏りを防ぐためには、雨漏りしやすいポイントを理解して、その部分に劣化が無いかチェックしておく必要があります。この記事を読んでいる方の中には、「雨漏りしたらその時修理すれば良い」と考えているかもしれませんが、雨漏りというのはそんなに単純なものではありません。雨漏りが発生しているということは、建物内に水の侵入を許しているということで、住人の目に見えない場所にまで水が広がってしまう危険があるのです。水というものは、どれほど小さな隙間でも侵入してしまうもので、一度水の侵入を許してしまうと、雨漏り箇所とは全く関係のない場所にまで水の影響が出てしまう可能性があるのです。
そのため、雨漏りを長く放置してしまった場合には、建物の構造に重要な柱を腐らせてしまい、雨漏り修理だけではどうにもならず、建物の建て替えリフォームが必要になってしまう…なんて可能性もあるのです。雨漏りは、「発見してから対処する」という考えではなく、「雨漏りさせない対策を考える」ということが重要だと覚えておきましょう。

梅雨の前はここをチェック!

それでは、本格的な梅雨に入る前に、「ここだけはチェックしておきたい!」というポイントをいくつかご紹介しておきましょう。以下で紹介するポイントをチェックしてみて、何らかの不具合を見つけた場合には、梅雨の前に修理しておくのがオススメです。

  • 屋根材に割れが無いかチェック
    長く使用した屋根材は、割れやズレが生じてしまっている場合があります。屋根材の割れやズレはそこからの水の侵入を許してしまうので、梅雨の前に修理しましょう。
  • 棟板金のチェック
    スレートや金属屋根の場合、屋根の頂上部分に棟板金が施工されています。棟板金は釘やコーキングで固定されているのですが、経年劣化で固定が緩んでしまいます。板金の固定が緩んでしまったら、その部分に隙間ができますので、水の侵入を許してしまいます。
  • 漆喰の劣化をチェック
    瓦屋根の場合、漆喰の劣化に注意しましょう。漆喰は施工から10年程度経過すると、ひび割れや脱落が目立つようになります。漆喰の劣化部分から水の侵入を許してしまいますので、梅雨前に補修しましょう。
  • コーキングの劣化をチェック
    コーキングの劣化も雨漏り原因となります。窓枠やドア枠、外壁材の継ぎ目部分など、住宅のさまざまな部分にコーキングが施されています。ひび割れや脱落が無いかちゃんとチェックしておきましょう。
  • 塗装の劣化をチェック
    屋根や外壁に施工されている塗装の劣化も注意です。特に屋根の場合、塗装の効果が切れてしまうと、屋根表面にコケのようなものが繁殖し、それらが水分を長く保ってしまうことになります。そのため、屋根が常に高湿に保たれてしまい、屋根下地などの劣化を招きます。

上記のような点をチェックし、劣化しているように見えた場合、専門業者に点検してもらうのがオススメです。住宅を長く使用したいのであれば「雨漏りさせない!」ように早め早めのメンテナンスがとても大事になるのです。

自分で出来る雨漏り対策もある?

それでは、梅雨の長雨による雨漏りを防ぐため、自分でもできる簡単な雨漏り対策をご紹介しておきましょう。ただし、以下でご紹介する手法は、あくまでも簡易的な対策となります。屋根の専門業者に連絡したけれど、梅雨までにどうしてもタイミングが合わない…などと言った場合の応急対策程度と考えてください。

  • 自分で屋根材のひび割れなどを補修する
    ホームセンターなどに行けば、DIY用のコーキング材が販売されています。こういった材料を購入し、ひび割れなどがみられる部分を補修することが可能です。ただし、屋根の上に上って作業する場合、落下の危険や関係のない屋根材を踏み抜いて割ってしまうリスクがあるので注意しましょう。また、高所で作業する場合は、必ず2名以上で行いましょう。
  • 棟板金の浮きを補修
    棟板金に浮きが発生しており、5mm以上隙間が出来ている場合などは、コーキングでその隙間を埋めましょう。ただし、こういった劣化が見られる場合は、下地から傷んでいる場合が多いため、補修した箇所がすぐに浮いてしまう可能性も高いです。したがって、梅雨が終わった後などにでもきちんと専門業者に棟板金の修理を依頼しましょう。
  • 雨樋の補修
    梅雨の前に自分で行える雨漏り対策では、雨樋の点検がとても大切です。雨樋は、屋根に落ちた水を適切に排水するための設備ですので、これに不具合があると雨漏りの可能性が高くなるのです。雨樋を確認してみて、ゴミが詰まっているようなら取り除き、外れている箇所が無いかなど確認しておくのがオススメです。割れている箇所や、傾斜のズレなどが発見できた場合、落ち着いてからでもいいので、専門業者に修理を依頼しましょう。

まとめ

今回は梅雨の長雨で雨漏りしてしまわないため、本格的な梅雨に入る前にチェックしておきたい住宅のポイントについてご紹介しました。この記事でご紹介したポイントは、一般の方でも注意深く確認することで、意外と簡単に劣化に気付ける部分です。したがって、まずは自分の目で屋根や外壁を確認してみて、何らかの劣化が生じていないか注意深く見ておきましょう。もし、何らかの劣化を見つけた場合には、できるだけ早く専門業者に連絡すると良いでしょう。なお、梅雨の直前となると、本稿でご紹介したような簡単な補修で予約が埋まってしまうことも多いため、早めに連絡するのがオススメです。
また、最近ではDIYで自宅の修理を行うことが流行しており、簡単な補修であれば自分でやってしまおうと考えている人も多いことでしょう。ただし、屋根は高所での作業になるため、一歩間違えれば落下して大怪我をしてしまう危険があることは忘れないようにしましょう。また、不安定な足場で、関係のない屋根材を踏み抜いて割ってしまう…などと言ったことも多いので、緊急時以外は専門業者に任せるのがオススメだと思います。


最新記事

緊急な雨漏りなど
屋根修理をお考えの方はコチラ

お見積もり・お問い合わせはこちら