屋根修理・雨漏り修理の住まいるドクター関西全域(京都・奈良・大阪・兵庫・和歌山・滋賀対応)

COLUMN お役立ちコラム集

いろいろな屋根材があるけど、結局どの屋根材を選べば良いの?

今回は、住宅屋根に採用する屋根材についてご紹介していきたいと思います。皆さんは、屋根と聞けば日本国内で古くから採用されてきた『瓦』が真っ先に思い浮かぶかもしれませんね。しかし、現在では、瓦以外にもさまざまな屋根材が登場しており、実は新築・屋根リフォーム両方の業界で瓦以外の屋根材の方が人気になっているのです。

新築戸建て住宅の購入や、古くなった屋根のリフォームのために葺き替え工事を検討した際には、屋根に使用する屋根材を選ばなければいけません。屋根の知識があまりない一般の方であれば、建物の外観イメージが好みになるのであれば、使用する屋根材なんか何でも良いのではないか…と考えてしまうかもしれませんが、採用する屋根材によって注意しなければならないポイントが違ってくるのです。例えば、選択する屋根材によっては定期的な屋根塗装が必要になるため、メンテナンスコストが高くなってしまったり、屋根材自体に重量があるため建物の耐震性が悪くなるなど、屋根材によって考えなければならないポイントがかなり違うのです。

そこでこの記事では、現在日本国内で主流となっている、瓦屋根、スレート屋根、金属屋根(ガルバリウム鋼板)について、それぞれの特徴にをご紹介していきたいと思います。現在、家の建築や葺き替え工事をご検討中の方がいれば、ぜひ参考にしてください。

日本の伝統である『瓦屋根』の特徴

まずは、日本国内で古くから愛されている『瓦屋根』についてです。ただし、瓦と言ってもいろいろな種類が存在しています。ここでは、主に和瓦についてその特徴をご紹介していきます。

日本に住んでいれば、街中を散歩しているだけでも必ず見かけるのが瓦屋根です。最近では、下で紹介するスレート屋根や金属屋根に押されているイメージがありますが、日本建築特有の外観を作ってくれるため、今でも「屋根は瓦でないと!」といったこだわりを持っている方も少なくありません。この瓦については、他の屋根材と比較して、非常に耐久力が高いと言う点が特徴とされており、寺社仏閣などの歴史的建造物では100年以上前の瓦が現役で使われているようなこともあるのです。

一般的に言われる和瓦の特徴は以下のようなことです。

  • 重量がある
    瓦の大きな特徴は、他の屋根材よりもかなり重量があるということです。昔から地震や台風が多い国として有名ですが、いつ起こるか分からない地震ではなく、毎年必ずやってくる台風に備えるため、重量のある瓦が広く採用されるようになったと言われています。しかし、近年では、この瓦の『重さ』が屋根材特有の弱点とみなされるようになり、家づくりの際に敬遠されるようになっているのです。屋根の重量が重くなってしまうと、建物の重心が高くなってしまい、地震の揺れによる振れ幅が大きくなってしまうのです。そのため「屋根重量が重い=耐震性が悪い」というイメージから、スレートや金属屋根の様な軽量な屋根が採用されるようになっています。
  • 耐久力が高い
    瓦は、非常に耐久力が高いということが大きなメリットです。基本的に紫外線や風雨などの影響を受けにくく、50年以上同じ瓦を使用しても問題ないほどの耐久力を誇るのです。ただし、瓦屋根には瓦以外にもさまざまな副材が使用されており、それらは瓦ほどの耐久力がありません。あくまでも『瓦』の耐久力が高いだけで、『瓦屋根』の耐久力が高いわけではありません。
  • 重厚感のある外観
    瓦は他の屋根材にはない、重厚感のある外観デザインを実現できる点もメリットと言えるでしょう。スレートや金属屋根は、どうしても洋風建築の様な外観デザインになるので、それを嫌って瓦屋根を選ぶ方も少なくありません。

『瓦屋根』の注意点

上記のように、まだまだ根強い人気がある瓦屋根ですが、いくつか注意しておかなければならないポイントがあります。まず第一の注意点は、他の屋根材よりも圧倒的に重い屋根になってしまう…と言う点です。特に、一昔前までの瓦屋根は、屋根材の下地として屋根土を施工し、屋根を並べていくという手法がとられていたのですが、この施工方法では屋根重量が非常に重くなってしまうため、耐震性が悪くなるのです。さらに、重量があるから「台風でも安心!」と考えるかもしれないのですが、実は強風に対しても強くないのです。台風の強風は数トンの重さがある自動車を横転させてしまうようなこともありますので、瓦の重さなどあってないような物なのです。さらに、前述のような屋根土の上に並べて噛み合わせることで固定力を得ている場合、少しのズレで固定力が緩み、一気に飛ばされてしまう…なんて被害が出てしまう場合があります。
他には、瓦は耐久力が強いため「瓦屋根はメンテナンスフリーだ」と勘違いしてしまう人がいるのも注意点です。上述のように、瓦屋根には瓦以外にもさまざまな副材が使用されているため、定期的なメンテナンスは欠かせません。
最近では、こういった弱点を克服した瓦が登場していますので、建物の外観上『瓦』を採用したい…という場合には、ケイミュー社が販売している『ROOGA(ルーガ)』シリーズなどがオススメです。

新築業界で人気のスレート屋根

次は、新築業界でトップシェアを誇るスレート屋根の特徴についてみていきましょう。スレート屋根は、コロニアルやカラーベストなどとも呼ばれる薄い板状の屋根材で、非常に軽量で施工性が高いと言う点で人気になっています。スレート屋根の特徴は以下のようになっています。

  • 瓦と比較すると軽量
    スレート屋根は、一般的な瓦屋根と比較すると、約1/4程度の重量に収まるため、軽量な屋根が実現でき耐震性の高い家を造ることが可能です。
  • 施工性が高く安価
    スレート屋根は非常に高い施工性を持っていることから、施工が容易と言われています。そのため、スレート屋根は多くの業者が施工可能となるため、他の屋根材よりも施工費を抑えることができるのです。新築業界で人気なのはこのメリットがあるからです。
  • デザイン性が豊富
    スレート屋根は、非常に豊富なカラーバリエーションがあるという高いデザイン性も人気です。
  • カバー工法が採用できる
    スレート屋根は、築年数が経過して屋根材が劣化した場合、カバー工法による屋根リフォームが採用できます。

『スレート屋根』の注意点

スレート屋根は、瓦屋根と比較すると、非常に軽量で施工性が高いと言う点が大きなメリットになります。そのため、屋根の導入コストはかなり安く抑えることが可能です。しかし、注意が必要なのは、スレート屋根に関しては、定期的な再塗装工事が必要不可欠でメンテナンスコストが割高になってしまうと言う点です。スレート屋根は、屋根材自身が防水性を持っているのではなく、表面の塗装がさまざまな効果をもたらせています。この塗装に関しては、約10年程度で効果が切れてしまいますので、定期的に再塗装してあげる必要があるのです。
再塗装を怠ってしまうと、屋根材の劣化が一気に進行してしまい、台風などの強風で大きな被害が出てしまうことが多いです。

屋根リフォーム業界で人気の金属屋根

最後は、屋根リフォーム業界で年々採用されることが増えている金属屋根素材についてです。金属屋根と聞くと、トタン屋根をイメージする方が多いですが、現在の屋根業界ではガルバリウム鋼板製の屋根材を指しています。トタン屋根は、数年で表面がサビてしまうなど、耐久力の低さが弱点だったのですが、ガルバリウム鋼板は非常にサビに強く高い耐久力を持っています。そのため、軽量な屋根が求められる近年、どんどんシェアを伸ばしているのです。

  • 全屋根材の中で最も軽量
    金属屋根は、全屋根材の中でも最も軽量だということが大きなメリットです。上述したように、屋根重量は耐震性に関係しますので、軽量な屋根を実現できる金属屋根は耐震性が高い家を造ることができるのです。
  • 加工がしやすい
    非常に薄い金属板ですので、加工が容易で複雑な形状の屋根でも採用できるのが大きな特徴です。
  • 耐食性が高い
    金属なのにサビに強いという特徴を持っています。特にSGLと呼ばれる最新素材であれば、沿岸地域にある住宅でも問題なく採用できるなど、非常に高い耐食性を誇ります。

『金属屋根』の注意点

金属屋根は、非常に軽量で耐震性の高い住宅を実現できることから、もともと瓦屋根を採用していた住宅で葺き替え素材として選ばれることが増えています。しかし、いくらサビにくい素材と言っても、小さな傷などがあればそこからサビが広がってしまうこともあり「絶対にサビないわけではない」という注意点があります。他にも、金属屋根に深い知識を持っている施工業者に依頼しなければならない素材だと考えておきましょう。一見すると、非常に施工が簡単そうに見えるのですが、施工時のちょっとしたミスで表面に傷が入ってしまい、耐用年数よりもかなり早くサビが広がってしまう…なんてことも少なくありません。
したがって、金属屋根を採用する場合には、しっかりとした施工実績を持っているのか調べたうえで依頼しましょう。

まとめ

今回は、住宅屋根に採用される屋根材について、それぞれの特徴や注意点についてご紹介してきました。ちなみに、この記事でご紹介した以外にもさまざまな屋根材が存在するのですが、現在の屋根業界で主流となっている屋根材についてご紹介しました。

一昔前までであれば、屋根には瓦が採用されるのが当たり前というイメージがあったのですが、近年では、スレート屋根や金属屋根を選ぶ方が年々増加しています。これは、屋根重量と耐震性能の関係が一般にも知れ渡ってきたため、「重量のある瓦屋根は地震に弱い…」と考えてしまう方が増えてきたからだと言われています。確かに、屋根重量が重くなってしまうと、重心が高くなってしまいその分建物が大きく揺れてしまうことになるため、倒壊リスクなどが高くなる…というのは事実です。しかし、勘違いしてほしくないのは、これはあくまでも全く同じ構造をしていた場合の話だということです。
本来、屋根に重量のある瓦を採用する場合には、その荷重に耐えられるようにしっかりと構造計算をして家を造ります。したがって、瓦屋根の家だから地震い弱くなってしまう…なんてことはないのです。あくまでも「重いよりは軽い方が良い」という比較論ですので、『瓦屋根=地震に弱い』とは考えないようにしましょう。

屋根に採用する屋根材は、何を選択するのかによって得られるメリットと注意点が変わってきますので、しっかりとそれぞれの特徴を掴んで選ぶようにしましょう。


最新記事

緊急な雨漏りなど
屋根修理をお考えの方はコチラ

お見積もり・お問い合わせはこちら